前方後円墳ペンダント:正統

IMG_0300

17.4 x 2.3 x 3.2mm、2.4g、シルバー925・CZ(1mm)使用。

外からは見えませんが、中央部の前方後円部の底面にはピンがついており、

ベースの穴にはめ込こまれ、底部よりレーザーで圧着されております。

中央部とベースが一つですと、表面の研磨後に前方後円墳の形がぼけるため、

あえて2つのパーツを組み合わせた形にしました。

大仙稜・譽田稜を意識して製作しました。

5世紀頃、畿内に出現した巨大前方後円墳形ですね。

IMG_3823 - Copy - Copy

前方後円墳を上空から見たイメージで撮影しました。

IMG_0343

チェーン付です。

2015-06-20 16.39.05-2 - Copy

熱帯のタイの強烈な日光が反射していますね。

IMG_3816 - Copy

サイドビューです。

IMG_0534

バックビューです。925はシルバー925の略です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です