日本国 国家の体

戦中の日本政府の天文学的規模の借金は償還したわけではなく、

新円導入で踏み倒した形です。

国家破産したようですが、

国土と人間と統治システムが存在していて国家が継続できていますね。

◆WWⅡ後の日本の統治システムは下記のミックス型です。

天皇が時の政治トップを任命する天皇制〔約1400年続く〕

②霞ヶ関の官僚が政策をリードする官僚制〔約140年〕

選挙で選ばれた政治家が政策を実行する議会制民主主義〔約140年〕

中央銀行に通貨を発行させ市場に投入するシステム〔約140年〕

①②③④とも東京に拠点を置く中央集権ですね。

②③④はアメリカにコントロールされています。②③は目覚しく腐敗。

③④は資本主義近代国家の典型です。

が破綻して通貨が暴落しても ①②③の体制の刷新や 

④の刷新=新通貨などの発行で

①②③が残っていれば国家が維持されます。

④を近隣諸国に拡大したのがユーロ経済圏ですね。 

◆1930年ごろの国家の体 ①+②+③+④+⑤

⑤は軍隊です。

東京に人口が集中し始めました。 

◆1192年ー1868年の国家の体 ①+⑥

⑥は武家の封建政治です。

武士の下に役人 実権は武士 天皇は権威ですね。

藩や国が独自性を出せる地方分権型中央集権です。大衆は農民です。

政治の中心地は鎌倉から戦国を経て江戸へ。天皇は京都に在住。

大阪が経済力を増しました。

◆794-1192年の国家の体 ①+⑦  

⑦は貴族。 

政治の中心は京都ですね。 実権は次第に貴族へ。 

国家の形が徐々に明確化してきました。

◆350-570年ごろ

西日本の緩やかな連合体。九州の倭の五王が外国の文献に登場。

パワーハウスは徐々に九州から畿内へ。 

出雲が本州での影響力を弱める。

◆300年ごろ 

2世紀の大乱の後、九州の卑弥呼の祈祷政治。

出雲に独自文化。

◆BC1000-BC300年ごろ 

中国中南部・朝鮮半島から一部の人類が日本列島へ。

西日本中心の稲作共同体が日本列島に拡散。

◆BC7000-BC1000年ごろ 

家族・部族中心の定住狩猟社会〔縄文〕。

鹿児島南海の鬼界カルデラの大爆発で西日本の縄文人が東へ移動したと考えられています。

文化的中心は青森・長野・富士山麓などですね。

◆BC20000-BC6000年ごろ 

シベリア・スンダランド・ポリネシアなどの人類が日本列島へ。

家族・部族中心の移動狩猟社会〔縄文・石器〕。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です