アメリカの意思決定機関

アメリカの金融政策・外交政策・経済政策は
★CFR ★FRB ★軍産複合体 によってシナリオが描かれ、
民主党・共和党で政権を交代させ民衆のガスを抜きながら政策が遂行されています。

イスラエル守衛活動・石油利権の確保・金融為替操作・
世界中に戦争状態をでっち上げ兵器商売をすることが任務でしょう。

⓵ロックフェラー(カミングアウトしていない隠れユダヤ≒アシュケナジーユダヤ)が
 名誉会長の米国外交評議会CFR
⓶欧州ロスチャイルド系金融(スファラディーユダヤ)が株主の米国中央銀行FRB
⓷アメリカ軍産複合体
⓸欧州の貴族の談合であるビルダーバーク会議

彼らが戦争によって富を手中にしている大元ですね。
政治、経済、外交、為替、エネルギー、兵器、麻薬ビジネスなど、
トータルで動くのが彼らの特徴です。
アメリカ民主党・共和党に明確な政策の違いはありません。

日本人の税金が自民党経由で彼らの活動に使われていますね。
日本の金融機関の株券をはじめ金融資産がバブル崩壊後
欧米の金融機関(ロスチャイルド系)に買い抑えられており
銀行が市場に投資しにくい状況が続いています。
日本国内の社会保障費に日本の為替益は使われず
円高対策と称しドルを買い支える投資に使われています。

果てしない戦争を遂行する国=アメリカ合衆国!
アメリカの共和・民主とユダヤ系企業、軍産複合体との関係。

1.共和党
 軍産複合体R社・M社 = ロックフェラー系(アシュケナージユダヤ)
 ゴールドマンサックス ロスチャイルド系(スファラディユダヤ)
 京都議定書離脱

 共和党政権時の戦争:湾岸戦争・911自作自演テロ・イラク侵攻

2.民主党
 ユダヤ系やカトリックとのニューディール連合
 NYタイムズ・ABC・ロイター = ユダヤ系
 京都議定書推進

 民主党出身の大統領時の戦争:
 WWⅡ・WWⅠ・シベリア出兵・朝鮮戦争・ベトナム戦争
 ボスニア空爆・スーダン空爆・アフガニスタン空爆・リビア空爆・
 シリア内戦・311・ISIS空爆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です