露大統領 欧米がシリアのテロ組織に「裏表のある行動」

欧米の金融機関、石油メジャーがユダヤ系という事実をまず押さえたいですね。

シリア・イスラエルが混乱すればいったい誰が利するか、イスラエルですね。

大イスラエルの領土は地中海からチグリス・ユーフラティス川流域までですから。

イスラムとイスラムをけんかさせて弱体させれば

イスラエルは周りの国からの脅威がかなり減りますね。

ユダヤ系大手メジャー企業による影響が強いアメリカ政府は

シリア、イラクを大混乱させています。

イスラム過激派組織のISISのトップ、

バグダディーはユダヤ人サイモンエリオットといわれてますね。

アメリカは大量破壊兵器を使ったとシリア政府を非難し

当初は反政府組織やISISなどを支援しましたが

(共和党マケインとISISのサイモンエリオットは知り合い)

最近は反対にISISに空爆したりしています。

最近アメリカの中にイスラエル外しに動く勢力が出てきたようですね。

アメリカが中心の有志連合によるISISへの空爆は1年以上続いておりますが

ロシアによるISISへの空爆たった2週間で大きな成果が表れています。

アメリカは1年もいったいに何をしていたのでしょうか。うさん臭さ満開ですね。

石油利権の観点から言えば、

アメリカユダヤ系エクソンモービル社はロシアのロシアーイラン―シリアのパイプラインが

完成すれば大きな利益を失うことになります。

アメリカは

シリアのアサド政権が化学兵器を使ったといっていますが証拠が出ていません。

イラクの時もサダムフセインが大量破壊兵器を保持している言っていましたが

結局出てきませんでした。

CIAの暗号名がポダムの読売新聞を読んでは真実は分からなくなります。

読売新聞はイスラム過激派組織をイスラム国として報道していますが

アメリカイスラエルに従った、イスラム=悪を言う印象操作をすべきではありません。

読売新聞はどこの国の新聞ですか? ISISと報道すべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です