米国大統領選挙2016

共和党のドナルド・トランプや民主党のヒラリー・クリントン、ベニー・サンダー

らの戦いですが、イスラエル(ユダヤ)の影響がもろに大統領選にでています。

イスラエルに寄生されている感じですね。

不動産王のトランプは実業家で、

政治家が持つ作られたゼスチャーや言い回しがなく本音で語っていますね。

口だけの従来の政治家をたたきまくっていて好感が持てます。

パワー全開で今のところ一番支持されているのではないでしょうか。

彼の政策はメキシコから不法移民のストップ、イランへの強硬策(イスラエルを守るため)、

そして中国の為替政策(人民元を不当に低くしている)の批判、

日本、韓国との貿易赤字批判などで、

海外に出た工場を米国に戻させ雇用を確保することで豊かな米国を取り戻すことです。

ロサンゼルスで貨物船を見て、トヨタ車が多すぎるといっていますが

タイでもトヨタ車の数は異常で、トヨタ社の企業姿勢は疑わざるを得ません。

大きな容積を占め外観が鉄で覆われている自動車のデザインを

最重用視しないトヨタはいったいどういう企業なのでしょうか?

トヨタはエコカー、電気自動車にダイナミックに舵を切ってもらいたいですね。

トランプは同様に韓国のサムソン・LGのTVも批判しています。

個人的にはトランプは好きで、彼の本はほとんど読んだのですが、

彼の演説で『我々はイスラエルを1000年サポートしている。』

の発言でちょっと引きました。

ユダヤ人には過激でない人もいますが、

右派によるイスラエルはガザに不当に進行し、罪のない人々を殺戮しています。

ISISもリーダーがサイモン・エリオットというユダヤ人で、

イスラムとイスラムを争わせイスラエルの存続を図るという行動が明らかで

受け入れられません。

トランプはキリスト教福音派で、

彼らや中西部や南部のエバンシェリカルズと呼ばれるキリスト教原理主義者は

ユダヤ教徒と同じルーツを共有していると考えています。

イスラエル(パレスチナ)を神がユダヤ人に与えた土地であると主張しています。

トランプの娘はユダヤ教に改宗したばかりにとどまらず

民主党のヒラリー・クリントンの娘もユダヤ人と結婚してますね。

また米国の金融・石油・マスコミ業の大株主にユダヤ系人物が圧倒的に多いですね。

ヒラリークリントン、AIPECにて、

「イスラエルへの攻撃は許さない。もし私が大統領だったらイランを叩く。」 

Hillary Clinton: “If I’m President, We Will Attack Iran” 

民主党の社会主義者ベニー・サンダーズは

1%の富裕層(ユダヤ株主にぶら下がっている人たち)を批判していますが、

アフガニスタンやシリアの空爆は支持するなど全く信用できません。

イスラエル寄りですね、彼はユダヤ人ですから。

要約しますと米国内でのイスラエルの影響はかなり強いと言えます。

米国も人材が不足しているのではないでしょうか?

行き過ぎた資本主義の是正は矛盾する政策、

つまり所得再分配と低成長経済拡大策を同時に進めることですね。

既存のユダヤ系のメジャー企業体の金融業、石油業、そして大手マスコミを野放しにしては

1%にますます富が集中するだけですね。

また世界中に戦争がでっち上げられ続けられますよ。

エコエネルギー技術も潰されるのではないでしょうか。

米国経済・社会を大きく改善できるリーダーは今回は見当たらなかったですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です