ISISはイスラムとイスラムを戦わせるためイスラエルが作った

米国諜報機関NSAから大量の機密を盗んで世界に公表している
元局員エドワード・スノーデン、

『イスラエル維持のためにはイスラムテロリストが必要なのでISISを米国、英国、
 イスラエルのシオニスト(ユダヤ右派)たちが作った。』

『ISISのバグダディは、 モサドとCIAとMI6が育てたエージェントだ。』

『イスラエルは、ISISとイランを戦わせ、
 スンニとシーアの両方を消耗させて弱体化する策のためにISISを作った。』

https://syrianfreepress.wordpress.com/2014/07/15/snowden-confirms-that-al-baghdadi-was-trained-by-mossad/

オランダ司法省の高官(Yasmina Haifi)オランダの新聞に、

『イスラエルがイスラム教のイメージを悪化させるために
 残虐行為を連発するISISを作った。』

イスラエルのネタニヤフ首相、公式な発言として

『イスラエルや米国はISISとイランとの戦いを傍観し、
 両者が弱体化するのを待つべきだ。』

イランの軍事諜報機関(革命防衛隊)の 幹部、

『ISISは、イスラム教のイメージを悪化させる目的で、敵方(米イスラエル)の
 シンクタンクによって考案された組織だ。』

2014年9月空爆を開始したISISを空爆した米軍、

『空爆してもISISの勢いは衰えない。ISISは空爆で潰せない。
 今後もISISの伸張は続くだろう。』

ISISの負傷者はイスラエルで治療していますね。
アメリカ共和党のマケインはシリアで
ISISのユダヤ人リーダー、サイモン・エリオットに会っていますね。
2014年9月にアメリカがISISを空爆し戦果なしに比べ
2015年10月空爆を開始したロシアはたった1か月で大戦果。
イスラエルに寄生されている米軍のやらせが明らかですね。
アメリカに盲従している日本の大手マスコミは真実を報道できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です