前方後円墳ペンダント:神聖なテラス

IMG_0243 - Copy

世界最大の大仙稜(840mX654mx35m)を意識しました。

大仙稜(堺市)の前方後円墳は堀と外環に囲まれていますが、

『神聖なテラス』は土台の壁にイエローCZが固定、

上の前方後円部の壁にホワイトCZが固定されています。

土台には金メッキが施されています。上部と下部は別々に製造されています。

前方後円部の底面にはピンが3か所あり、

3つのピン穴付きの土台にはめ込まれ底面からレーザで圧着されています。

土台と前方後円部を1つにしますと

側面のラインが研磨によって鈍り前方後円部の形がぼやけてしまうため

このような構造にしました。

23.8 x 18.7 x 5mm、6,7g、シルバー925。

IMG_0245

前方後円部を拡大してみました。

2015-05-28 13.27.01-2

サイドビューです。

IMG_3328 - Copy (2) - Copy

サイドビュー2です。

IMG_0249

サイドの拡大です。CZの連なりがきれいですね。

IMG_3323

頭部上方からです。

IMG_3337

バック面です。

無限大・前方後方墳・山・四隅突出型古墳のマークを入れました。

IMG_3343

チェーン付です。なにか神々しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です