安倍首相がアジア開発銀行とJICAに1兆2000億円を融資

中国のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に対抗していますが、
米国の指示で動いたのではないでしょうね。
アジアの大型インフラの受注をめざすとのことですが、全く戦略が見えません。
民間と十分協議したのでしょうか。
バラまきはやめて、日本国内にまず投資してほしいですね。

インフラですと新幹線もそうですが
東南アジアや南アジアの各国に個別に販売するのではなく
ユーラシア南部を東西つなぐような大きなビジョンをもらいたいですね。

また石油以外で走る車などは補給所建設や部品などの国際化が必要ですが
これらを見込んだ融資でしょうか?
エコ発電装置などは不安定な国際社会において
本音ではどこの国も欲しい技術ですが、日本は国内で熱心にやってきていませんね。
日本の技術的な長所を十分に生かした戦略が欲しいですね。

東南アジアの華僑は各国の経済的な中心プレーヤーですから
各国は放っておいても自然と中国寄りになります。日本に戦略がありますか?

またアジアに限らず各国は中国との取引が増大し、
さらに歴史問題でも中国や韓国の情報戦の受け身に立つだけの日本の存在感は
減退するばかりです。
1兆2000億円が無駄にならなければいいのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です