資本主義の拡大を2回阻止された日本

20世紀に日本を中心とした資本主義の拡大はアメリカに2回つぶされている。

⓵明治維新の殖産興業によるグローバル資本主義は

機械化された設備による工業品の大量生産で、

資源と市場を求め周辺諸国に拡大を試み米国と衝突。

中国本土、満州、樺太、千島列島、朝鮮、台湾の日本固有の

インフラ全て=国家予算の数十倍の資金を全てむしり取られ日本本土は破壊される。

⓶タイ発の通貨危機がアジアに広がった1997年直後、

日本は40億円の支援をアジア各国に行い

榊原や黒田が円を中心としたアジア通貨基金AMFを提唱したが、

米国がIMFから独立した地域通貨機構を認めず水の泡となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です