ユダヤの金融支配

ユダヤ社会は基本的に三重構造です。

①頂点にいる米国中央銀行であるFRBの株主は
ロスチャイルド系(ユダヤ系)銀行・ロックフェラー系(ユダヤ系)銀行・
JPモルガンです。

②アメリカへ移住したアシュケナージユダヤは
ロスチャイルド(ユダヤ系)が刷る米ドルを運用し
金融・石油・穀物・軍事活動を行う組織やマスコミに存在しています。

③中東系のユダヤ人正当派である一般のスファラディユダヤが
アシュケナージユダヤであるイスラエル政府高官に
連れてこられイスラエルに移住した人々です。

ロスチャイルド金融業のはじまり 〔WEKIPIDA〕

『アシュケナージ・タルムード?のユダヤ系ドイツ人である
マイアー・アムシェル・ロートシルト=ロスチャイルド(1744-1812年)が
ドイツのフランクフルト・アム・マインで開いた古銭商・両替商に端を発し、
ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世との結びつきで経営の基礎を築いた。
ロスチャイルドはヨーロッパに支店網を築き、彼の5人の息子が
フランクフルト・ロンドン・パリ・ウィーン・ナポリの各支店を担当
相互に助け合いながら現在の基盤を築いた。』

ロスチャイルドはダビデ直系のスファラディユダヤといわれていますが
他のユダヤを支配するために
スファラディーユダヤの本流の教義を取り入れただけの
アシュケナージユダヤ(中央アジアハザール国起源)ではないでしょうか。

ユダヤがローマ帝国(2C)に滅ぼされたあと
スペインや北アフリカやアジアに散らなかった本流ユダヤは
エジプトで地下政府を作ったといわれ
トルコのコンスタンチノーブル〔東ローマ帝国〕拠点を移した後
ベネチア〔西ローマ帝国〕に潜入し
後発の北アフリカ・スペインの経由のスファラディユダヤや
ロシアー東欧-ドイツ経由のアシュケナージユダヤ(10C頃)と合流し
ユダヤ人社会を拡大していきます。
ベネチアでは貿易と治外法権で巨万の富を貯えていきました。

ユダヤ地下組織は時代の変遷とともに
スコットランドのフリーメーソン(16-17C)や
バイエルン(ドイツ)のイルミナティ(18C)〔ピラミットの目〕などに分化しました。

富めるユダヤ人は大航海時代のスペインポルトガルの跡を継いだ
貿易立国のオランダに移り(16C)財を成していきます。

オランダが英国に敗れると(18C)ユダヤに寛容な新教国の英国に入り込み
資金援助をしながら力を蓄え七つの海を支配する英国と共に
世界経済に大きな力を持つようになっていきました。

1907年英国で恐慌が起き、アメリカの決済システムが混乱し、
解決策としてアメリカ連邦準備制度(中央銀行制度)が出来ました。
(JPモルガンやジョンロックフェラーが後ろ楯)
なぜかロスチャイルド系が連邦準備制度の各銀行の株主で
ユダヤ人による世界経済を支配する体制がここで出来上がったとみていいでしょう。
1942年、アメリカシオニスト大会で世界のシオニズムの公式綱領が作られ
ユダヤ人は後ろ楯を英国からアメリカに完全に移しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です