倭人の活動(朝鮮半島5世紀以前)

★新羅本紀
*紀元前50年・・・倭人が攻めてこようとしたが、
          新羅王の始祖に徳があると聞いて引き返していった。
*14年・・・倭人の船団100余艘で海辺に侵入
*59年夏5月・・・倭国と友好を結んで使者を派遣しあった。
*73年・・・倭人が木出島を侵略したので羽烏(うう)を派遣して
       防衛させたが戦死してしまった。
*121年夏4月・・・倭人が東辺境を攻めた。
*123年春3月・・・倭国と和解。
*153年・・・倭人が訪問。
*173年・・・卑弥呼の使者が訪問。
*232年夏4月・・・倭人が金城(新羅の都)を包囲する。
*233年5月・・・倭人が東辺境を攻めた。
*249年夏4月・・・倭人が干老(新羅の一等官)を殺害。
*287年夏4月・・・倭人が一礼部(場所不明)を襲う。
*289年夏5月・・・倭人が攻めてくるというので戦船と鎧を修理した。
*292年夏6月・・・倭人が沙道城を攻め滅ぼす。
*294年春・・・新羅王いわく
        「倭人がしばしば攻めてくるので百姓が安して暮らせない。
         百済(朝鮮人)と共に海を渡って倭国を攻めようと思うが?」
         家臣の弘権いわく
        「私たちは海戦に慣れていません。遠征は危険です。
         まして百済な偽りが多く、
         私たちを呑み込もうと野心があるので難しいです。」
         王は納得した。
*294年夏・・・倭人が長峯城を攻める。
*300年春正月・・・倭国へ使者を派遣する。
*312年春3月・・・倭国王から使者がきて、
           息子がいい年だから嫁を出せと言ってき
           たので急里(きゅうり)の娘を倭国に送った。
*344年・・・倭国の使者がやってきてまた婚姻を申し込んできたが
        勇気を振り絞って断った。
*346年・・・婚姻拒否に怒ったのか倭人が風島に進軍。金城を包囲して攻撃。
*393年・・・倭人が金城を5日間包囲。
*402年・・・3月に倭国と友好を結び、
        17代新羅王 奈コツ王の子、末斯欣(みつしき)を人質に出す。

★広開土王碑(高句麗)
*367年・・・百済が倭国に使者を送る。
*369年・・・高句麗が百済を進撃。高句麗大敗。
        援軍として倭国が参加している可能性大。
*369年・・・倭国が新羅を攻撃。
        大勝して朝鮮半島南半分を支配下に置く。
*377年・・・高句麗と新羅が
        中国(前秦)に倭国から攻撃守ることを懇願。
*391年・・・百済と新羅が倭国に降伏。
*399年・・・百済は誓いを破って倭国と和平。
        新羅の使者がやってきて倭人がやってきて
        新羅王を臣下にしてしまったので助けてと懇願。
*400年・・・高句麗は5万の大軍を新羅の都に送り援護。
        倭国は撤退。高句麗軍は任那や加羅へ進軍してきたが
        安羅国軍(倭人)が裏をついて新羅の都を占領。

★百済本紀
*397年夏5月・・・百済王は倭と友好を結び太子の典支(てんし)を人質に出す。
*402年5月・・・倭に使者を派遣し大きな珠を求めた。
*403年春2月・・・倭国から使者がやってきたので、
           王は超低姿勢で彼を迎え慰労し厚く遇した。
*405年・・・太子の典支(てんし)が倭国で父王の死の知らせを
        聞き、帰国を請う。兵士100人をつけて送り帰した。
*418年夏・・・倭国に白綿10反を貢いだ。
*428年・・・倭国の使者が50人も随行員を連れてやってきた。

★隋書倭人伝
新羅は倭国に対して、うやうやしいほど使者を出していた。

★耽羅国(済州島)建国神話
先住狩猟民の3兄弟が
日本から渡来して農耕・家畜をもたらした3王女と結婚して国の始めとなった。

★新羅王家(昔家)の神話
倭国の東北一千里のタバナ国(丹波国か?)で、王妃が卵を産み落とした。
王は不詳であるとして、卵を宝の箱に詰めて海に流した。
箱は伽耶を経て辰韓に流れ着いた。

★新羅王家(朴家)の神話
倭人が腰にヒョウタンをつけて海を渡り、新羅に来て、瓠公(ホコ)と呼ばれた。
彼は、初代王の赫居世(朴氏祖)~四代王の昔脱解(昔氏)まで、
建国の重臣として活躍した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です