経済成長戦略はこれだ! 第三の矢。

インフラ・高齢化社会の介護・新エネルギー・
新環境技術・ブランド・新産業(ネットビジネス)・観光業など
はもっと拡大する必要がありますね。
価値(≒お金)を創造する行為は持続的に行う必要があります。

日本人の労働・行動・文化・哲学・町並み・風景・プロスポーツ・
行政・自然・日本人自身すら価値を持たせるべきでしょう。

価値の高い社会には必ず人が集まります。
日本列島で世界の人・モノ・金を循環させる政策、
世界に情報を発信する力(まだまだ足りませんね)が必要ですね。
そして市場や企業と共同で研究できる大学の改革です。

米国の利益を第一に考える霞が関と自民政権では
ダイナミックな発想と実行は無理でしょう。
国の補助金で守られ新規の動きを妨害するようなJAや
閉鎖的な組合組織や発想力の乏しい霞が関の官僚が自民党や共産党と癒着しているので
改革が全く進みません。

  

20世紀型の大企業に力を持たせすぎてはいけませんね。
日本企業特有の異常に長い労働時間は人から家庭や遊びを奪い、
人間1人1人からくる創造力を削いでいます。
日本の工業製品の多くがブランドにならない理由はここですね。
(例:トヨタ自動車)
彼ら大企業の行い, 価値感、不祥事は厳しく監視する必要があります。

インフラ・公共事業はまだまだ必要と思います。
江戸城の再興・水都大阪の復活・狭すぎる市域の拡大、
北海道、新潟、沖縄の経済特区・大阪カジノ・京都市の丸ごと世界遺産・
インターネットテレビ・リニア・

21世紀型都市群の建設(エコベース/住居面積の拡大)・首都移転。
ビックプロジェクトは単発でなく
数珠のようにつないでこそ拡大経済でしょう。国家ビジョンが必要ですね。

 

エネルギー資源の大部分を輸入に頼る日本は
エコ・都市鉱山再生エネルギー・メタンハイドレード・火力・
天然ガスなどの均等なエネルギーバランスが必要ですね。
電気自動車の普及もしかりです。
外圧と為替に強い日本独自のエネルギー政策ですね。
また国内にエコエネルギー主体の新しい価値≒市場を作り、
経済を拡大してほしいですね。
日本企業はミャンマーやタイの大型公共事業に投資するように
日本国内に投資すべしです。
必ず米国の利益を始めに考える霞が関の官僚、CIA自民党,
操作されたマスコミから妨害が入るでしょう。


企業の取り分がすでに決められた固定化した市場、

行政と企業が癒着している腐敗した市場は、
道州制に変え、メンバーを変え、
無駄な公務員を減らせば自浄力が高まりますね。


腐敗・硬直・米国盲従の霞が関中央集権は解体させ、
首都を移転しながら日本を浄化させたいですね。

日本連邦制や日本道州制では、
国は為替・外交・通貨・防衛・教育に集中でき
日本各地域の税の使い方は各地で決めさせ、
世界地域間の競争で価値を高められる効率的な
システムと思いますが。

 

より多様な価値を創造できるか否かで日本に活力が出るか、
過去の栄光にすがる博物館のような国になるか
が決まるのでないでしょうか。
安倍晋三の1億総活躍のキャンペーンは大賛成ですが、
価値を生み出しやすい土壌作る為には
米国盲従・大企業中心主義・東京一極集中を改める必要がありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です