天皇家は長江より南の百越系?

出雲風土紀神門群条

「古志の郷 即(すなわ)ち郡家に属(つ)けり。イザナミ命の時、日淵川(ひぶちかわ)を 以(も)ちて池を築造(つく)りき。その時、古志の国人等(くにひとら)、到来(き)たりて堤(つつみ)を為(つく)りき。即(すなは)ち、宿(やど)り居(ゐ)し所なり。 故(かれ)、古志といふ」

とありますが、イザナミと同じ時代の古志とは、どこでしょうか?
北陸の越の国は大和朝廷の7C頃に初めて登場しますので、
北陸の古志ではなさそうですね。
池や堤を作れる土木技術を持った人は、大陸関係の人とも考えられます。

古志・高志・越の多くは日本海側の山陰から北陸まで沿って分布します。

*香惟「かしい」(福岡県)は「こしい」から変化か?

*古志「こし」

 古志町(出雲市)・古志町(松江市)・古志原(松江市近郊)・岩瀬古志町(富山市)

 出雲に古志野姓、越野姓。

*高志「こうし」

 〔福井市高志・福井、富山、新潟に高志が名前の学校が多い〕

*越系の人間の移動

A:対馬海流に乗って日本海側を北上(北部九州―出雲―丹波―北陸―出羽)

 越浜(京都府宮津市)越前(福井県)・越中(富山県)・越後(新潟県)

 末裔は鎌倉時代以降北前船航路でさらに乗り北上

 酒田市(山形県)・土崎(秋田市)・能代市(秋田県)へ。

 宮越姓・越前姓・越中姓・越後姓など。

B:瀬戸内海を東進し河内へ上陸し奈良盆地へ進出か。

 高石市(大阪府)?←高志(こうし)・

 橿原「かしはら←こしはら」?(奈良県)・越部(奈良県)

C:長野・山梨などの内陸に拡散

 山梨特有の輿石・輿水姓。

ところでイザナミで思い出すのはイザナミ・イザナギの国生み神話ですね。
沖縄県には伊是名(イゼナ)島が、近辺の降神島と天岩戸伝説の伊平屋島があります。
同じ沖縄県の久高島には30歳以上の既婚者の女性が神人になる祭りイザイホー祭り
があり、男は海〔アマ〕人、女は神人が久高島の言い伝えですね。

アマ=海=天とも解釈できますので天孫族の日向への降臨は、
イザナ島(沖縄)-徳之島(天〔アマ〕城)-奄〔アマ〕美大島-
日向(宮崎付近)と行われたと仮定することもできますね。
上記のようにアマの地名が南西諸島に複数存在しています。

中国大陸江南の越(上海の南の浙江省)[紀元前600年〜紀元前334年]
ですが北隣の長江流域の楚(?〜紀元前223年)に滅ぼされ、
越の王族は南の福建省に逃げ、
地元の百越族の人と閩越(紀元前333年〜紀元前110年頃)を作りました。
紀元前221年には秦が中国を統一し、福建省の閩越に派兵し閩中群を設置しましたが、
これに反発した百越族の一部が、海路国を離れたと考えております。
そしてこれが日本の天皇家ではないかと。

01300000046221119733688787675

[www.baike.com 秦が百越に侵攻]
避難ルートは福建省(閩中郡)から海路東に行かざるを得ないことが分かりますね。

0

[baike.sogou.com  百越地域]
わずか500kmで石垣島ですね。

また日本神話で神々が天降った場所は日向・新羅・出雲ですが、
当初新羅に天降ったスサノオがなじめず出雲に天降ったとあります。
これは江南地方の稲作が寒冷地新羅でなじめなかったのではないでしょうか?

天皇家は新嘗祭という稲作に関係する儀式を持っており
宮中には稲田がありますので、稲作と密接にかかわっていると考えてよいでしょう。
騎馬の儀式と漢字の伝統は全くありませんね。(宮内庁が隠しているとしたら別ですが)
越、呉、周などの王族は漢字を使用していたと考えられますので、
彼らと天皇家が直接関係があった事実はないでしょう。

イザナミ・イザナギと沖縄の関係性、南西諸島に多いアマという地名、
華夏民族(中国中原の漢字を使う民族)と言語が通じなかった稲作民族から、
天皇家の出自が中国江南地方沿岸部の百越にあるのではと考えています。

百越と倭の共通性は
日本人の染色体O2b、稲作、断髪、入れ墨、なれずしにみられますので、
天皇家というよりも日本列島に百越系の複数の渡来があったと考えられます。
(秦の百越支配と秦の滅亡ー紀元前3世紀頃、漢の百越支配ー紀元前1世紀頃、
 戦国春秋時代の呉の滅亡ー紀元前5世紀頃など。)

images

[潮州女 tieba.baidu.com]
江戸時代のちょんまげと酷使していますね。

Yue_statue

[越人像 世界史情報局 wsh1420.blog.fc2.com]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です