資本主義の後期状態を列挙!

>怠けた人間が、儲けた人間からお金を吸い取る。それが、社会主義だ
 ↑
これは資本主義の後期ですね。
ルートと取り分が既に固定されており特定企業に自動的にお金が流れますから。

>チャンスは平等にある
 ↑
これはマーケットを開放したての資本主義の前期です。
市場がまだ埋まっていませんから。
資本主義の後期は世襲・ルート・組織体形が固定され
マーケットにチャンスは平等にありません。
ところでネットの中には比較的に平等にチャンスがありますね。
海外にもやりようによってはチャンスが広がるでしょう。

>『人間を意思のないロボット』となることを前提にしていることです
 ↑
これは資本主義後期の労働状態です。
企業間の取り分が固定し労働が単純化・ルーチン化・細分化されていますね。

>努力者から金をむしりとる社会主義
 ↑
これは資本主義後期の企業≒資本家ですね。市場が拡大しない状況で賃金を上げられず
生き残りだけにお金を一族で溜め込んでいますから。
従業員10名以上の企業は世襲を禁止すべきではありませんか。
格差が異常に広がっていますので所得は社会保障で分配すべきですね。
世襲企業と大企業の倫理観、価値観、社会観には特に厳しい目を向けるべき時期です。

>社会主義では契約は軽視されます
 ↑
これは資本主義の後期ですね。契約より談合でビジネスが動いています。
世襲議員が圧倒的に多い自民党が例ですね。

>損得だけで決まりますから、国民と約束しても、損になるなら平気で約束を破るのです。
 ↑
これは不正不具合を平気で隠蔽する資本主義の後期の企業です。
加えて資本主義の後期には
企業-自民などの政治家-官僚の腐敗トライアングルが存在していますね。
ところでTPPに反対と言っていた自民党が、なぜ今推進しているのですか?

>怠け者を支援する民主党の社会主義者
 ↑
怠け者=腐敗老人連中を支援するのは勤勉者と若者に富をいきわたらない
腐敗した集金システムに固執する世襲が80%以上の自民党ではないでしょうか。
地方創生担当大臣の石破茂(自民)はいったい何をやっているのでしょうか?
腐敗の霞が関を解体し道州制を導入してもらいたいですね。

>頑張らない人間を優遇する社会
 ↑
がんばるも何も資本主義後期は取り分が談合で決まっていますから。

>困難から逃避する社会主義者
 ↑
困難は金と自殺で解決するのが資本主義の後期です。
14年連続年間自殺者3万人以上 自民政権20年間は経済成長なしですね。
安倍晋三は第3の矢(経済成長戦略)を国民に示していません。

>怠けることを自慢する社会主義者
 ↑
世界一働き者というより世界一長時間会社にいるのが日本人ですね。
高度成長期の真っただ中にいた団塊世代がそうですが、
戦後物心ができた少年時代に敗戦を迎えた彼らはなんでもかんでも日本を否定しますね。
日本悪しき思想で強烈に洗脳された彼らが戦後頑張ったのは称賛しますが、
国際感覚、労働生産性、創造力が残念ながら大きく欠けています。
工業品をブランドにレベルアップもできていませんね。
余裕(遊び)、デザイン、哲学(コンセプト)などは、
ただ一生懸命作っても生まれないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です