ドナルドトランプには日本の民主党がいいのでは?

全米7州で支持を集めたトランプの日本に関わる政策は次のとうりです。

⓵イラン
核査察を受け入れ共同合意したイランを敵視するという極めてイスラエル寄りの政策です。
イランは仏、伊、独と大規模なビジネスの調印を既に済ませていますね。
日本も経産省がアプローチしていますが、トランプが大統領になると日本は、
イラン市場への参入は米国に従い中止するでしょう。
みすみす8000万の市場をEUや中露の企業に明け渡すことになります。
EUの伊・独・仏は中国主導の投資銀行であるAIIBにも参加しており、
米国に盲従しない動きができていますね。

⓶日米安保
トランプはテキサスの演説で、米軍の撤退はしない、日本にもっと在住する米軍の経費を
払わせるといっていました。
トランプはまた自らをいちばん軍事主義的な男と言っていましたので、
米国を盲従する日本の官僚と自民はトランプに巨額なお金を貢ぐことになりますね。
自民と霞が関に誘導された日本は大丈夫でしょうか?
トランプの戦略は米軍を世界中に展開しドルの世界基軸通貨益[ドル高]を守りながら、
輸入品に関税をかけ、米国内の米企業を回帰させ雇用を増やす政策ですね。

⓷集団的安全保障
先日、日本で安保法案が可決されましたが、
トランプは中東の石油利権の保護とイスラエルの守衛活動に日本の自衛隊派遣を
要求してくるのではないですか?
南沙諸島の中国の人工島にも自衛隊を出せと言ってくるでしょうね。
トランプはビジネスマンで、少ない金額で最大の効果を上げると常々言っています。
米国に盲目的に従う自民と霞が関政権では
日本の自衛隊が使われるのが眼に見えていますね。
彼はまた日本が他国に攻められたら米軍が日本を守るが、
米軍が攻められたら日本が米軍を守らないルールはおかしいと何度も主張しています。
自民の安保法案の可決はちょっと急ぎ過ぎで、タイミングが悪かったですね。

⓸円安に誘導された(1%の米国富裕層とそれに従う自民の安倍の政策)日本車には
50%以上の米国輸入税がかけられるでしょう。
これには大賛成ですね。
とにかく渋滞、公害を無視してトヨタは車を作りすぎます。タイでも多すぎますね。
それもデザインを軽視した大衆車ですから、見るだけで頭痛がします。
前にも書きましたが、日本の工業品はブランドレベルに上がっていません。
ただ一生懸命に作って一生懸命に売るだけですから。
トランプにトヨタに代表される20世紀型の企業のマインドセットを
ぶっ叩いてもらいたいですね。
そうすればトヨタが真のブランド、エコ車の製造にかじを取るでしょう。
トランプに期待です。

⓹TPPは反対
日本にとっていいですね。
日米が主従関係のまま、米国主導のTPPに参加するメリットはありませんから。
日本主導で米国抜きのアジア、ユーラシアのTPPをやったらどうでしょう?
米国に盲従する域からでない自民-霞が関政権では、この発想はできないでしょう。

⓺ロシア
トランプはプーチンを評価していますから、日本は自民でもロシアに接近できますね。
自民以外ではもっとできるでしょう。

⓻中国
トランプは中国の南沙諸島の人工島を強く批判していますし、
中国政府の人為的な人民元安の操作に反感を持っています。
日米の連携は尖閣諸島の日本の帰属に異を唱える中国を牽制できますね。

★ヒラリークリントン大統領になった場合
現状維持で自民や日銀、財務省に米国債を買わせたり、
円安に誘導させたりしてドルを防衛させるでしょうね。
また円安の日本の資産を買い、継続的に日本の富が米国に流出し続けるでしょう。
彼女はまた米国1%の富裕層の代弁者ですから大多数の米国人にとってもよくないでしょう。

日本にとって一番いいシナリオは下記でしょう。
トランプと日本の野党 > トランプと日本の自民 >> ヒラリーと日本の自民

米国と少し距離を置いた政策がいいですね。EUの各国は既にそうしています。
残念なことに日本は中国や北朝鮮とそんなに違わない1党独裁的政治風土で
野党が全く育っていません。

数年前の民主政権時に多くの人は民主党の政治家に100%の公約実行を求めましたが、
安全保障と外交を米国に依存する日本政治家に100%を求めるのは、
ウブな態度と言わざるを得ません。
また日本の政治家は、霞が関の官僚(従米、特に財務省、経産省)に
コントロールされていますから。
民主党政権の役割は、腐敗している自民党政権のあく抜きだけでしょう。
そのあく抜きが政界を自浄するうえで非常に重要です。
また日本にいろいろな政権担当能力のある政党があれば、
世界の激変にも柔軟性をもって対応できますね。
米国盲従の自民一本しか選択がない日本の状況は、
ガラスのように外が固く一見強そうですが、実は中がからっぽで脆いと言わざるを得ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です