天然ガスで三菱商事、三井物産が3月期大赤字

三井物産が700億円の赤字のうち400億円がオーストラリア天然ガス事業で、
三菱商事も1000億円の赤字で、オーストラリアの天然ガスの価格安がその理由
と発表されました。

日本の天然ガスの全エネルギーにおける割合は41%でトップで
その国別の内訳でオーストラリアは20.8%でトップを占めています。

index17_img3

https://www.teikokushoin.co.jp/statistics/map/index17.html (帝国書院)

その他には中東の国が複数あり、
天然ガス輸入における中東の割合がトータルで30%を占めていますね。

三井物産、三菱商事は、海外天然ガス会社が契約後に天然ガスの価格を下落させ、
多大の利益を得ることも念頭に置き、エネルギービジネスを考え直した方がいいですね。
日本は世界4位のエネルギー消費大国ですが、エネルギーの自給率は5%にすぎすません。
また再生可能エネルギーの割合も13%と主要国の最低レベルです。
アメリカなどが、日本を脆弱体質に閉じ込めているのではないでしょうか、
経産省や自民のエネルギー政策は全く理解できません。

解決策はズバリ
太陽光、風力、波力、地熱などの再生可能エネルギーのシェアの増加と
日本近海に埋蔵されているメタンハイドレードの利用したエネルギーの開発でしょう。
CIA暗号名ポダムの読売や
盲目的な対米従属の自民と外務省、経産省の妨害が眼に見えていますね。
ネットの力で彼らの矛盾をたたかなければいけないと思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です