グレータ―大阪(GREATER OSAKA)

橋下徹は GREAT LONDON を府知事時代に視察しましたが、
おおさか維新には中途半端なことはしてもらいたくないですね。
日本連邦制にむけた大阪都を目指してもらいたい。
石原・河村・詐欺師の竹中平蔵などは筋金入りの道州制推進者ないですね。
田中康夫・大前研一・猪瀬直樹・堺屋太一などの結集が望まれます。

ところで関西の大阪は東京の中央政府の横槍がなければ、
容易にシンガポールやソウルなどは越せるはずです。
世界遺産が関西広域に複数あり、文化的価値が関西はとびぬけて高いですから。
一週間滞在すればシンガポールやソウルは何にもないことがわかります。

無策のままですと
大阪市270万は狭すぎる市域の為伸びしろが小さくビックプロジェクトに不向きで、
新興国の大都市にごぼう抜きされるのではないですか。
大阪市の改革はまず市域を広げること、 大阪都=GREATER OSAKA
は下記の自治体を含んだ人口900万の新しい自治体でしょう。

堺・藤井寺・羽曳野・柏原・堺・河内長野・泉佐野・松原
河内長野・大阪狭山・富田林・河南・千早赤坂
岸和田・貝塚・泉佐野・和泉・泉南・阪南・田尻
八尾・東大阪・四条畷・寝屋川・大東・守口・交野・枚方
高槻・茨木・吹田・摂津・豊中・箕面
兵庫県の尼崎・西宮・伊丹・池田・宝塚・川西

さらに世界遺産の京都や姫路などと連携した
関西広域連合〔関西州〕ですね。 世界は地域間競争の時代です。
多すぎる行政区分を抜本的に変える必要がありますね。
経済文化都市の大阪都と関西州の導入は
西日本の世界遺産との連携+関西発日本ブランドの強化です。
ターゲットは世界! 内需拡大にもつながります。
高野山・姫路城・京都・奈良・永平寺・金沢・・・・
これほどの世界遺産が巨大都市に近接している地域は、
世界にありませんね。

人口1600万の巨大市場である関西州は
JAPAN FEDERATION の中心の一つですね。
関西州-大阪都(30万人区政)-他の自治体(30万人行政)
とシンプルにいってほしいですね。

大阪府と大阪市を大阪都に一元化し
税金の無駄使い・二重行政をやめるべきですね。
これに反対した自民党の柳本や共産党はいったいなんだったのでしょうか?
グローバルな視点が全くない京大の藤井はなぜテレビに出ていたのでしょうか?
発想力が貧弱で内向きな藤井などに大阪都を語らせてはいけませんね。

伊丹空港跡地のTAX FREE ZONE・
舞浜の大阪カジノ・梅田-淀川マンハッタンと巨大日本庭園、
食の都=大阪を期待しています。

ところで大阪は江戸時代まで市内に水路が張り巡らされた
ベニスに匹敵する水の都でしたが、
明治以降水路を埋め立て道路にしてしまった悪例があります。
(東京も運河を埋め立て高速道路を建設しました。)
道路を掘り起こし水の都を復活させてもいいのでは。
文化遺産と住宅地が混在している中途半端な京都・奈良は
再整備し、街ごと世界遺産をめざすべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です