朝鮮総連とは

朝鮮人の民族団体とカモフラージュされた、
政治工作やスパイ活動に行う北朝鮮の組織、東京都千代田区、1955年設立。
下記の4つの構成団体からなる。

1⃣科協(科学技術協会)ミサイル技術の取得。〔日本からかなり流出した]
2⃣社協(社会学協会)主体思想の拡散やスパイ活動。
3⃣医協(医学協会)
4⃣商工連(商工連合会)

2⃣において、韓国籍の在日朝鮮人を韓国に入国させスパイ活動をさせています。
韓国で約100件、摘発されていますね。
韓国籍の在日朝鮮人は、韓国の共産党員で彼らは済州島等に逃げ、
そこで多くは韓国に虐殺されながら、
1部が日本に逃げてきています。(神戸市の長田区などへ)
現在彼らの2世、3世が工作活動をしているようです。

韓国では朝鮮総連は国家保安法により対象指定団体であり、
朝鮮総連トップの活動は死刑、通報しない場合は禁固刑ですね。
日本も北朝鮮(朝鮮総連)による拉致、北朝鮮へのミサイル技術流出もあり
彼らに厳しい対応が必要ですが、
アメリカによって日本は諜報活動期間の設立が許されず、
朝鮮総連が野放しになっている現実がありますね。

朝鮮総連ビルは、(以降WIKIPEDIAより)

元不動産会社社長の満井忠雄の仲介により、
2007年(平成19年)5月31日に元公安調査庁長官緒方重威が代表取締役を務める
ハーベスト投資顧問株式会社に売却されていたことが判明した。
また仲介者とされる満井には朝鮮総連側から、手数料などの名目で4億9千万円が渡っていた。
2013年、競売にかけられ、
宗教法人最福寺が落札したものの、後に辞退をして、続いてモンゴルの企業が落札したが、
裁判所から認められずに平行線をたどった。
2014年、マルナカという会社が落札したが2015年1月22日になり、
山形県に本社がある企業に転売する方向であることが分かり、
立ち退きが避けられる見通しとなった。

と、全くうさん臭い経過をたどっています。
満井忠雄とは不動産会社の元社長で、
かつて自民党のザ・ダーティー三塚博の秘書をしていました。
最福寺(鹿児島県)の住職、池田恵観はもともと北朝鮮と親交があり
度々同国を訪れています。
彼は金日成主席観世音菩薩像を北朝鮮に寄付していますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です