日本の核保有容認は嘘、ぶれるトランプ!

ワシントンポスト、ニューヨークタイムズが流した嘘であると、
トランプが大きくぶれています。

トランプの顧問団の1人、
CARTER PAGEは元外交問題評議会(CFR)評議会のメンバーです。
トランプが外交問題評議会(名誉会長ロックフェラー)の言う通りに動けば、
また一部の企業(金融・軍事・石油・穀物)や富裕層を潤すだけですね。
トランプの言う工場を米国内にカムバックさせ雇用を増やす政策も、
できなくなるでしょう。企業は自らの利益を第一に考えますから。
格差はさらに広がり、
トランプやサンダーズを支持している大多数の米国人の不満が
爆発するかもしれないですね。(爆発して日本に飛び火してほしいですね。)

ところで今回のブレはトランプが大統領になっても、
彼の国際感覚の無知からくる外交評議会などへの依存により、
世界は大きく変わらないことを暗示しているようです。
彼は昨年8月には外交問題評議会のボスRICHARD HASSと会談し、
RICHARDを非常に尊敬していましたので。

トランプは企業献金ゼロでやっていますが、
政策もどこの勢力にも加担せず、彼中心でやってもらいたいですね。
現実を飛び越えて彼特有のビジネスセンスで動けば、米国や世界は大きく好転しますね。
しがらみのないビジネスマンの彼しかできないでしょう。
日本の悪夢は中国やゴールドマンサックスから強力な金銭サポートがある
ヒラリークリントンの大統領就任です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です