タイ共産党員がつくった シーディット滝

IMG_5004

カオコ―にあるこの滝は小川をせき止めて作った貯水場のようですね。
地元の役人に聞きましたが、100年ぐらい前に建造されたのではと言っていました。

現在タイに共産党員はいないことになっていますが、
1952年までタイ共産党(1930年設立)が非合法政党になるまでは存在したでしょう。
タイでは「国王を君主とする民主主義体制に背く」
「国家の経済政策を転向させようとする行為」 などと共産主義者は定義されています。

前タクシン政権の運輸省副大臣プータム・ウエーチヤチャイ、
農業省副大臣プラパット・パンヤ―チャートラック、
情報通信省大臣スラポン・スープウォンディ、副首相プロミン・ルートスリデートは
元共産党員の活動家と言われていますね。
2006年から2008年まで首相だったスラユット・チュラーノンの父親も元共産党員です。
タクシン前首相がタイを追われた遠因は彼の政権に共産主義者が入っかていたら、
とも言えるかもしれませんね。

IMG_5002

奥の小屋が共産党員の住居跡です。

IMG_5001

滝につながる入口には屋台があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です