うさん臭いアメリカの戦争工作

◎ハバナ湾停泊の米戦艦メインの爆発原因も分からぬまま
 スペインと戦争をはじめ、フィリピン・グアム・プエルトリコを植民地にし、
 太平洋とカリブ海からスペインを追い出した米西戦争。(1898年)

◎欧州に参戦するためハルノートとABCD包囲網を作り
 先に日本に手を出させた太平洋戦争。(1941年)
 後にダグラス・マッカーサーが太平洋戦争は日本の自衛のための戦争だったと証言。

◎38度線を先に超え挑発し北朝鮮に先に手を出させた朝鮮戦争。(1950年)

◎トンキン湾で米駆逐艦マドックスが2回魚雷攻撃を受けたが
 2回目はアメリカ政府が興した自作自演と暴露される。
 (NYタイムズのペンタゴンぺーパ―ズ文書)
 これ以降大規模な軍事介入をするアメリカによるベトナム戦争。(1964年)

◎911で民間機を突っ込ませ
 初めからいないビンラディンを犯人とでっちあげ
 アフガニスタン(2001年)やイラクで戦争を起こし麻薬と兵器商売している米国。
 (2001年)

◎大量破壊兵器をでっち上げ結局発見できなかったイラク侵攻。(2003年)

◎演習中の韓軍艦と極秘任務中の米潜水艦の同士内アクシデントを
 北朝鮮のせいにし危機状況をあおりながら
 極東で兵器商売を画策するアメリカ。(2010年)

◎サンフランシスコ条約(1951年)で
 旧ソ連を省いた平和友好条約を日本に調印させ
 日ロに千島列島の領有の火種を作り
 日本で兵器商売を画策し冷戦を維持するアメリカ。

◎前原元外相を支持したアーミテーゼやクリントンのコメントを
 読売に流させ、尖閣問題を煽り極東の冷戦を
アメリカと一線を画す民主党政権時に固定しようとしたアメリカ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です