連邦制に適した日本

南北に細長い日本列島の人間の居住地は、
山や川・海にさえぎられた平坦地に分布しており、
各地に方言や独自の文化を生んでいます。

日本の北端の宗谷岬から沖縄諸島までの直線距離は
スウェーデンのストックフォルムからイタリアのローマに匹敵し
日本には亜熱帯の沖縄と亜寒帯の北海道が存在しますね。

サハリン・沖縄・ポリネシア・朝鮮半島・中国大陸などから
日本列島に入り込んだ複数の人間集団どうしで
混血が進んだであろうが地域差が存在します。

日本列島に人が住み始めたのは
少なく見積もっても20,000年前であり、日本列島の文化的中心地は、
北東北・諏訪湖周辺-北部九州-(出雲)-畿内-鎌倉-畿内-江戸(東京)
と移動し続けています。

◎北海道が日本に編入されたのは19世紀の明治以降で
 歴史・文化・産業・気候が本州とは違いますね。

◎薩摩藩占領前の沖縄は
 琉球王国であり中国・朝鮮と独自に交流していました。
 現在、日本の米軍基地の70%が沖縄に存在し
 日本は沖縄に多大な負担を強いています。
 日本にいる在日米軍に韓国を守ってもらいたい朝鮮人と利害が
 一致しているのがエセ保守のCIA自民党とCIA読売新聞です。
 沖縄は永世中立国を勝ち取るPOSITIONにあります。
 日本人は沖縄人がそう動いたらバックアップする『責任』がありますね。

◎温暖な縄文時代の前期・中期の文化的中心地は東北北部であり、
 大和朝廷に編入されたのは10世紀に入ってからです。

◎関東は武家政治を1,192年に興し、
 近世・近代・現代の400年間
 世界的な大都市、江戸=東京が日本最大の経済圏として存在しています。

◎関西は古墳時代以降、約1,000年間日本の中心として栄え、
 日本第二の経済圏に大阪・京都・神戸などが存在し、
 関東とは明らかに違う気質や文化を持っています。

◎織田信長や豊臣秀吉など戦国武将を輩出した中部は
 大都市名古屋を中心に800万人が居住し
 工業が盛んで世界的企業を輩出していますね。
 北東北と並び縄文時代の1万年間は、日本列島の中心の1つでした。

◎平安の海賊藤原の純友や室町の倭寇、戦国時代の村上水軍や毛利は
 瀬戸内海の海運で発展し、
 幕末には毛利は250年続いた江戸幕府を倒す中心勢力に成長しました。

◎山陰の出雲地方は古くから環日本海の文物の集積地で
 弥生時代には大和より先に本州で最も大きな影響力を持っていましたね。

◎朝鮮半島や中国大陸に近い九州に日本列島初でクニ(邪馬台国)が起こり
 古来アジアとの交流頻度がもっとも高い地域です。
 縄文以前の巨石も多くみられますね。

世界中でも一歩外れると別世界と地域間格差が展開されています。
地域間競争の時代に入っていることは疑いようがないでしょう。

地の利を十分発揮できる日本列島の各地域は
中央(東京)を介さず税金を運用し、
独自に世界と連携したほうがより豊かになるでしょう。(例:大阪都)
中央(東京)は安全保障・通貨流通権・基本教育方針に集中でき、
地方のこまごまとしたことは地方に任せるスタンスです。

なにより天下りで税金を無駄遣いしている民間・政治家と癒着した
霞が関の官僚システムを解体し、日本を浄化させながら
道州制や連邦制などの新しいシステムを導入してもらいたいですね。

また出世競争に忙しく米国に盲目的に隷属する日本の官僚は、
創造力や機動性をまったく持っておらず、
税金が米国の利を第一に考える彼らの天下りに使われると思うと
腹立たしい限りです。

☆各地域の人口規模

1.北海道=570万=デンマーク=フィンランド

2.奥州=970万=スウェーデン

3.関東+新潟・山梨=4,400万=スペイン=珠江デルタ=韓国

4.中部アルプス=2,200万=マレーシア=オーストラリア

5.関西+福井・三重=2,400万=マレーシア=オーストラリア

6.瀬戸内海=780万=スイス

7.四国=408万=ノルウェ-

8.九州=1,380万=ベルギー=オランダ

9.沖縄=140万(海洋国家)=ハワイ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です