ユダヤの血が入っていると自白したベンジャミン・フルフォード

ベンは中東のセム系の本流ユダヤじゃないね。 宗教的に改宗しただけで人種的につながりのないアシュケナージユダヤ(欧州人)だね。

ところでベンのもろもろの発言は本人が気づかないだけで 体制側のアシュケナージユダヤに巧妙に言わされていないか? アシュケナージユダヤの血が入ったものにわざとアシュケナージユダヤを批判させ、 日本人に期待を持たせたまま油断させ、現実は内実をちょっとかえただけで依然としてアシュケナージユダヤ体制維持(新秩序)に動いているという。

アシュケナージユダヤ(中央銀行や金融業)が仕切り米・ロ・中の談合で新秩序が決まるプロセスでは、 日本の諸問題(慰安婦・尖閣・北方領土)はどうでもいい問題でしょう。 日本が力をつけて出しゃばってきたらやりにくいでしょうね。 日本をWWⅡ後の体制に固定し、弱体化させたままにするために、ユダヤのプロパガンダに乗るな、 何にもするなと力説しているようにも見えるのだが。

人種差別というレッテル貼りで封印される言論の自由【ネット TV ニュース.報道】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です