驚愕!度を超えた自民党超エリート議員の罵倒

バースデーカードの47枚も宛名表記ミスは、秘書の仕事拒否では。
豊田氏が「ちがうだろ」を連呼しているのは、彼女は秘書を全く信用していませんね。
豊田氏の罵倒には秘書の娘への中傷や秘書への暴力も含まれています。
人間性に問題があるのは間違いなさそうですが、彼女が激高した原因も存在します。
それが豊田氏のパワハラに遠因するのか、
秘書の内面的な問題なのかは誰にもわかりませんが。

”豊田真由子議員の罵倒抜粋”
このハゲーーッ!
ちーがーうーだろー!
私の受けた痛みはどれだけかわかるか この野郎!
そんなつもりじゃなくても
お前の娘をひき殺して、そんなつもりじゃなかったです〜って
言われているのと同じ〜。(ミュージカル風)

■動画(リンク切れ注意)
https://youtu.be/Y-XWcRC_KP8

さらに豊田真由子議員は2014年4月17日の春の園遊会において、
規則に反して招待者以外を同伴して入場しました。
宮内庁が衆議院に対し規則の周知徹底を要請する事態になりましたね。

ところでこれだけ現代人が情報発信ツールを持っていれば、
不条理なパワハラは減少しますね。
ただ組織内や国家間で必ずパワーバランスが存在するので、根絶は難しいでしょう。
隠ぺい体質の社会かそうでないかで大きな差が出きますね。
1人1人がちゃんとモノが言えるかにも大きく影響します。
変化を嫌う、長いものに巻かれる人が多い日本はパワハラは多いでしょう。

”豊田真由子自民党議員経歴”
1974年 – 千葉県にて誕生。
1990年 – 桜蔭中学校卒業。
1993年 – 桜蔭高等学校卒業。
1997年 – 東京大学法学部卒業。
1997年 – 厚生省入省。
2002年 – ハーバード大学大学院修了。
2003年 – 金融庁総務企画局課長補佐。
2007年 – 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官。
2011年 – 厚生労働省老健局課長補佐。
2012年 – 自由民主党埼玉県第四選挙区支部支部長。
2012年 – 第46回衆議院議員総選挙当選(埼玉4区)。
2014年 – 第47回衆議院議員総選挙再選(埼玉県第4区)。
2015年 – オリンピック・パラリンピック大臣政務官、
     文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。

それにしても2回生国会議員の不祥事は多すぎます。
国の代表ですから、自覚してほしいものですね。

■自民党ー豊田真由子(42)
あの号泣議員級インパクト、驚愕の罵倒、グーでパンチか。「2017、6月」

■自民党ー中川俊直(47)
重婚ストーカー。「2017 4月」

■自民党ー務台俊介(60)
被災地おんぶ視察。「2017 3月」

■自民党ー宮崎謙介(36)
妻の妊娠中に不倫。「2017 2月」

■自民党ー門博文(51)、自民党ー中川郁子(58)
路上キス不倫。「2015 3月」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です