どれだけ優れた人工知能を開発できるかによって決まる金融

年金などを運用する機関投資家の売買記録を学習させ、
銘柄ごとに5分後の株価を予測するAI株価予想システム。
500銘柄、1年分の売買記録(1000分の1秒単位)をAI(人工知能)に学習させ、
方向性を割り出し利ザヤを見つけ出していくという。
1000分の1秒単位で取引が行われ、
1秒間に25000もの東証データを処理しているというから
人間の領域を完全に超えています。
これからの金融はAI対AIで、
どれだけ優れた人工知能を開発できるかによって勝負が決まると話す業界関係者。
世界の軍事状況、エネルギーの需要と供給、政治も学ばされば、
更に精度が高い株価や為替予測が可能になりそうです。
アメリカNYのウォール街の金融業者は既にやっているのでは?
国家戦略で最も重要な分野の1つとなるべきですね。
また世界の地質データをAIに学習させば
エネルギーや鉱物の埋蔵を見つけることも可能でしょう。

韓国ではAI政治家を開発する動きが始まっています。
(2016年11月、グローバルリーダーズフォーラム)
政治家はどうしても身内や知り合いに利益を誘導してしまうため、
AIに予算分配などをやらせようとグループが立ち上げられています。
韓国政府に依頼された世界的人工知能の権威ベンゲーゼル博士は
AIに世界中の憲法、法律、国防、経済、世論などを学ばせ、
AIが民主主義を作ると息巻いています。

韓国サムスン“殺人ロボ”、後はAI搭載だけ。
⇓⇓⇓(リンク切れ注意)
http://www.sankei.com/west/news/150611/wst1506110005-n3.html
2014年5月14日付米NBCニュースや
9月15日付英紙デーリー・メール(いずれも電子版)などによると、
韓国の“殺人歩哨ロボット”は、
サムスンのグループ会社で、軍事機器や航空エンジンなどの
開発・製造を手がける「サムスンテックウィン」と韓国の高麗大学が
2006年に共同開発した「SGR-1」と呼ばれるもの。

この“殺人歩哨ロボット”は、
歩哨(陣地の要所に立ち、警戒・監視の任務にあたること)の名のごとく、
既に韓国と北朝鮮との間にある非武装地帯に韓国軍の兵士と並んで配備、
5・56ミリの機関銃と
40ミリのグレネードランチャー(擲弾発射器=てきだんはっしゃき)
を備えており、
国境を越えようとする北朝鮮の兵士の体温や動きを
赤外線センサーなどで自動的に感知し、
2マイル(約3・2キロメートル)先の“標的”を
確実に殺害することができるといいます。
1台あたりのコストは20万ドル(約2500万円)。
人工知能が自分自身で考え、人間のミスに反応し反発したとき、
大きな問題になりそうです。

2017年4月1日、
佐藤天彦名人と人工知能ポナンザによる電王戦が行われました。
結果はポナンザの勝利。
人工知能の開発者山本一成氏によると
人工知能が自分自身で学ぶ機械学習を導入後、
飛躍的に強くなったそうです。
過去20年分5万局の大局を学ばせた後
解析し、勝利の方程式を見つけ出しているといいます。
どういうプロセスが起こっているのかは実際分からないそうです。
人工知能同士で700万回対局させたそうです。
これは人間が1年に3000局対戦したとしても
2000年以上かかる計算で、
人間が発見していない領域に人工知能は入っていると、羽生善治氏。

名古屋の人工知能タクシーは
NTTによる位置情報と
タクシー会社1年間1900人従業員の顧客乗降データを掛け合わせ,
天気、日時の情報をあたえ法則性を割り出しているといいます。
500m四方に向こう30分の顧客予想を数字で表示させ
的中率95%、は売上20%増と報道されていました。

東京の人材派遣会社では
病院事務職の人材が、短期間に退職することを防ぐため
人工知能を導入しています。
各人材の面談記録より退職者予兆を割り出し、
未然に防いでいるといいます。
人工知能の開発者(世界の弁護士・銀行で実績)は文書解析の専門で
人工知能は文書を単語・接続詞・助詞などに分解し、
退職者の隠れた共通項を見つけ出すことが可能のようです。

シンガポールのバス会社で導入されたAI事故予測システムは
スピードの出し方、ブレーキのかけ方などで
事故を起こしやすい運転手を未然に防止しています。

アメリカでは一部裁判所で
AIが人間を裁く再犯防止システムが導入されています。
過去の膨大な裁判記録から、
どのような人が犯罪を繰り返すかそのパターンを解析し、
釈放してもいい人間であるか否かを人工知能に判断させています。
人種、仕事、育った環境などの個人情報を
パターンに当てはめ、
未来の再販のリスクを予測するといいます。

NHKスペシャル 人工知能 天使か悪魔か 170625
⇓⇓⇓(リンク切れ注意)
https://youtu.be/fq8pRbgP_-A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です