トランプ大統領初来日は米軍横田基地へ!

てっきり羽田空港や成田空港に来ると思っていましたが
東京都福生市にある米軍横田基地とは。
巨大なアメリカの国旗の前で米軍関係者に初演説とは
大きな違和感があります。

ここはアメリカでしょうか? いえ日本の東京都福生市です。
日本がアメリカの支配にあることを如実に示していますね。
安倍首相は常々、戦後レジームからの脱却と話していますが
心の底ではこの状況をどう思っているのでしょうか。
ソフトなイバンカ氏を先に訪日させ、
内実はアメリカの日本と極東支配の誇示とも取れます。

■11月5日のトランプ氏の初来日の予定

*午前11時頃 横田基地に初来日、米軍関係者にスピーチ

*昼頃 埼玉県霞が関カントリークラブに米軍のヘリで移動

    安倍氏と昼食

*午後 安倍氏とゴルフ

*夕方 安倍氏と夕食

東京都福生市の横田基地から埼玉県霞が関カントリークラブに
米軍専用のヘリで移動とは、30kmぐらいしか離れていないね。
そのあと同じヘリで港区のヘリポートへ向かったとは
日本の空がアメリカの支配下にある現実そのものですね。
実際上記3地点の上空は横田空域と呼ばれ、民間の飛行機が飛行できません。

ちなみにトランプ氏は来日前に
経由地ハワイの米軍施設に訪問しましたが
TWITTERでリーメンバー パールハーバーと投稿しています。

彼はまた広島を訪問したオバマ元大統領を批判していました。
退役軍人の団体がトランプ氏を強力に支持しています。
今年4月に行われた中国の習氏との会食では
食事中にシリアへ空爆が実行されました。

トランプ氏の外交は硬軟を微妙に混ぜ合わした
高度に練られたものであるのは間違いでしょう。
安倍氏との食事中にも何かが起こるか注目ですね。

またトランプのアメリカは北朝鮮に圧力をかけ続け一方、
現状を維持をさせながら、北朝鮮の脅威を放置し
日本にアメリカの兵器を買い続けるよう誘導するかもしれません。

アメリカが日本を守ってやる代わりに
日本製品に高い関税をかけたり、
日本のアメリカの農産物に対する輸入税減を迫ったりするディールが
一般人の見えないところで行われる可能性すらあります。
このディールは中国を巻き込み尖閣問題がぶっ飛ぶかもしれません。
トランプが日本から得る利益より、中国から得る利益が
アメリカにとってよいと判断すればですが。
日本政府もかなりの戦略と国家ビジョンが求められます。

トランプの初来日が米軍基地だった理由は他にもあります。
東アジアの北朝鮮や中国に(日本も当然)アメリカの存在感を示すことです。
トランプは 『独裁者は我々を過小評価することはできない』、
『我々はずっと勝ってきた』、『同盟国と自由と繁栄を守る』など
北朝鮮や中国に向けたメッセージを発しています。

(日本のマスコミより早いYOU TUBE↓)

演説はかなりうまい、愛嬌もすこぶるありますね。
米軍関係者、自衛隊をリスペクトし
観衆に向けて指をさし語り掛け、一体感をアピール、
軍関係者に促されてジャケットを着て話し距離を縮めるなど
スピーチのマニュアルを学んだ政治のプロより
上手なんじゃないでしょうか?
親父の資産を受け継いだとはいえ、
不動産王に上り詰めた実力は相当の物でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です