「 古代史 」一覧

君が代は阿曇の君の歌

君が代は阿曇の君の歌

歌詞は10世紀の古今和歌集の短歌、曲は1880年奥好義と林廣守が作成。 福岡県志賀島にある志賀海神社の山誉め祭りの神樂歌に下記のようにあ...

記事を読む

5世紀の中頃 ヤマトが九州を逆転

5世紀の中頃 ヤマトが九州を逆転

埼玉県稲荷山古墳出土の鉄剣(471年)にはワカタケル(獲加多支鹵大王)の文字があり、 熊本県江田船山古墳出土の鉄剣(438年)にもワカタ...

記事を読む

倭の五王讃(5世紀)の出自 地名からひも解く

倭の五王讃(5世紀)の出自 地名からひも解く

◆讃〔=サ〕 讃の地名は讃岐(香川県)・讃良郡(大阪府寝屋川市付近)がありますが、 珍、済、興に関する地名が九州で非常に多くみられ...

記事を読む

韓国南西部の前方後円墳、南九州と関連か

韓国南西部の前方後円墳、南九州と関連か

韓国南西部の栄山江流域に少なくとも12基の前方後円墳が確認されています。 その中の光州月桂洞1号墳・2号墳と光州明花洞古墳は、 方墳...

記事を読む

日本列島で移動するパワーハウス 縄文編

日本列島で移動するパワーハウス 縄文編

東日本(三内丸山・諏訪湖周辺・亀ヶ岡[つがる市]など)⇒(北部九州・出雲)⇒ 畿内 ⇒ 鎌倉 ⇒(戦国時代)⇒ 江戸[東京] と変遷し...

記事を読む

天皇家は長江より南の百越系?

天皇家は長江より南の百越系?

出雲風土紀神門群条 「古志の郷 即(すなわ)ち郡家に属(つ)けり。イザナミ命の時、日淵川(ひぶちかわ)を 以(も)ちて池を築造(つく)...

記事を読む

出雲が漢王朝から銅剣(紀元前100年頃)?

出雲が漢王朝から銅剣(紀元前100年頃)?

出雲市の荒神谷遺跡の358本の銅剣の構成成分である鉛のうち、 357本が華北産と判明されています。(1本は朝鮮産) 一か所からの出土...

記事を読む

銅鐸の起源

銅鐸の起源

銅鐸には銅とスズの合金である青銅に少量の鉛が入っています。 弥生時代中期(BC2世紀頃)の銅鐸は朝鮮半島産の鉛、 弥生時代後...

記事を読む

倭人の活動(朝鮮半島5世紀以前)

倭人の活動(朝鮮半島5世紀以前)

★新羅本紀 *紀元前50年・・・倭人が攻めてこようとしたが、           新羅王の始祖に徳があると聞いて引き返していった。 ...

記事を読む

東日流外三郡誌を解く

東日流外三郡誌を解く

東日流外三郡誌とは東北地方の古代を記録したとされる古書ですが 検証してみましょう。 ①南部のツボケを津軽にもってきています...

記事を読む

天皇家の出自

天皇家の出自

天皇家の祖先であるアマテラス大御神などの天津神がいる高天原から探ってみましょう。 日本神話の高天原から神様が降り立った地は日向・新羅・出...

記事を読む

松野連家系図を解く

松野連家系図を解く

⓵外国に始めて承認された九州で共立された王、 卑弥呼・タイヨ『魏志倭人伝』は記載ありません。 熊本の姫氏と関係ないのではないでしょう...

記事を読む

北方の世界、アソベとツボケ

北方の世界、アソベとツボケ

津軽の先住は 2万年前にシベリア-サハリン-北海道-本州と南下した 古モンゴロイドのマンモスハンターとスンダランドの末裔のアイヌで、...

記事を読む

任那日本府の存在

任那日本府の存在

小国連合体の任那〔3世紀-6世紀〕は 百済〔4世紀-6世紀〕・新羅と違い統一された国家ではないですが 倭人の拠点があり、倭からの文化...

記事を読む

アラハバキを考える

アラハバキを考える

アラハバキ神社は津軽から出雲、土佐、壱岐、伊予まで日本全国150社以上あり、 アラハバキは関東と西日本には客人神として 日本神話に出...

記事を読む

倭の五王(5世紀)

倭の五王(5世紀)

◆讃〔=サ〕 讃の地名は讃岐(香川県)・讃良郡(大阪府寝屋川市付近)があります。 また誉〔ほまれ〕=讃は同じ意味で  譽の...

記事を読む

空白の4世紀

空白の4世紀

3世紀後半~4世紀の畿内の遺跡や古墳の巨大化は 半島情勢を知っていた九州の部族(物部氏や天皇家など)が 祈祷中心の九州の卑弥呼ではク...

記事を読む

邪馬台国九州説

邪馬台国九州説

魏志倭人伝の問題個所、北部九州から『南に水行10日、陸行1か月』ですが、 魏のバイアスがかかった情報であると提起されています。(渡邊義浩...

記事を読む

朝鮮半島の古代

朝鮮半島の古代

紀元前3世紀~3世紀頃の朝鮮半島は絶えず中国から流民の進入を受け 半島の北半分に中国人のさまざまな国が建てられました。 *...

記事を読む

騎馬民族は日本に来なかった

騎馬民族は日本に来なかった

騎馬の高句麗が日本海を渡り日本に進入し 3世紀の古墳時代が幕明けた可能性はゼロに近いと思います。 まず出雲の四隅突出墳丘墓(3世紀頃...

記事を読む

古墳時代前期の東海と畿内

古墳時代前期の東海と畿内

弥生時代の環濠集落は3世紀を境に消滅しますが 中部の濃尾平野の朝日遺跡(弥生時代中期)は規模と防御施設において日本最大級です。 更に...

記事を読む

古墳の登場(3世紀)

古墳の登場(3世紀)

★弥生墳丘墓や周溝墓の盛土が巨大化し古墳が登場 ①3世紀の巨大墳丘墓:  (双方中円墳〔吉備〕・四隅突出型古墳〔出雲〕・前方後方墳〔...

記事を読む

縄文土偶とシュメール土偶

縄文土偶とシュメール土偶

縄文時代の人々の芸術の爆発は霊性が現代人と違うところからきているようですね。 祈りや自然との一体感などによるトランス状態(変性...

記事を読む

前方後円墳の秘密

前方後円墳の秘密

地理的に近い河内の弥生時代の方形周溝墓に関係がない前方後円墳は 外部勢力(九州でしょう)が大和盆地に入った時期(数回あるが3世紀頃)に...

記事を読む